Category Archives: 日本語

明日からです

10月8日(火)

「先生、数学の教室にいたんですが、先生も学生もだれも来ないんですけれども…」「受験講座は明日からですよ」。1:30過ぎ、学生とこんな会話をしました。

開講日前日、昨夜のうちに受験講座の受講生には、メールで受講科目の曜日と時間帯を連絡しました。でも、今朝の各クラスの連絡で、受験講座は明日からだとも伝えてもらっています。その学生は、講座の開始時刻の前から教室に陣取っていたのですから、きっとまじめな学生なのでしょう。だから、今朝教室での連絡事項も聞いていたはずです。

最近、「ケーキの切れない非行少年たち」(宮口幸治、新潮新書)を読みました。それによると、聞く力が弱いと、親や教師がいくら注意しても言い聞かせても、子ども自身の頭には何も残っていないのだそうです。そして、その注意を聞かなかったからということで叱られ、自己評価が低くなり、非行につながるというのです。

これを読んで、聴解力の弱い学生もこの本に出てくる非行少年と同じような立場に置かれているのかもしれないと思いました。1:30の学生も、午前中のクラスで先生からの口頭連絡または板書で、本日受験講座休講という連絡を受けていたはずです。音声ではそうとらえていても、日本語の聴解力が弱いと、その音声を自分にかかわりのある連絡事項として理解することができないのです。それゆえ、受験講座の教室へ行ってしまい、空振りしてしまったのでしょう。板書をしたとしても見る力が弱ければ、教師が書いた文字列を自分に関する情報と理解できません。

自分たちの注意を守らない学生を、私たちは頭ごなしにガツンと注意します。でも、聞く力や見る力が弱い学生は、なぜ叱られたのかわからないかもしれません。そして、同じことを繰り返し、ダメ学生のレッテルを張られ、劣等生への道を歩み始めます。学生にとっての外国語である日本語で注意がなされるのですから、すぐにはきちんと理解できないでしょう。日本語教師は無論そんなことぐらいわかっています。でも、ガツンとやりたくなる、やってしまうものなのです。これが続くと、やる気もうせてきます。将来の展望も描けなくなります。

よくわからない外国語環境に放り出されている学生たちに対して、その芽をつぶさないように、接し方を考え直さなければいけないと感じさせられました。

晴れ姿

10月7日(月)

始業日直前は、新人の先生が来て、オリエンテーションを受けたり担当レベルの専任教師から授業の進め方などの説明を受けたりします。午前中から何人かの先生がいらっしゃっていましたが、午後、スーツ姿の若い先生が来ました。私はどこのレベルにどんな新人の先生が入るか聞いていませんでしたから、誰が担当なのかなあと見ていると、H先生が立ち上がって親しく話し始めました。H先生のレベルの新人教師かと思いきや、4年前に卒業したRさんでした。午前中、就職先の内定式があってその足でKCPまで来てくれたそうです。

Rさんは、推薦入学でS大学に進学しました。推薦入試の面接練習をどれだけしたことでしょう。内容のない答えだとか、言いたいことがわからないとか、毎日ボロカスに言われました。半べそ状態になりながらも歯を食いしばってついてきた努力が実って、合格しました。その根性は認めましたが、はっきり言って、Rさんの実力よりも上の大学に入ってしまいました。

卒業後も何回か顔を見せてくれました。いつも、大学の授業は大変だけど面白いと、なんだか「みんなの日本語」の練習問題の模範解答みたいな感想を言っていました。こちらも推薦した手前、途中で挫折されたら困ります。でも、卒業したら、愚痴を聞いてやるぐらいしか助けになりません。

そして、内定式のスーツ姿です。取るべき単位はすべて取って、あとは卒論だけだそうです。面接練習のころは生硬な日本語でしたが、今はこなれた話し方をします。生真面目過ぎて冗談が通じなかったのに、ジョークにはジョークで返せるようになりました。S大学で相当鍛えられたのでしょう。そしてめきめき力をつけ、日本人学生を押しのけて日本企業への就職にこぎつけたのです。

その会社の新入社員で外国人はRさんだけだそうです。会社がRさんにかける期待も大きいようです。S大学で伸ばした能力を発揮すれば、その期待にもこたえられることでしょう。

見直し

10月4日(金)

他の先生方は今学期の新入生のプレースメントテストで大わらわでしたが、私は今月から始まった養成講座の授業をしました。授業の中休みで職員室に戻ってくると、みんな黙々と採点していました。私の周りだけ別の時間が流れているような気がしました。

私が今週・来週と担当するのは日本語文法です。日本人が中学や高校で学ぶ国文法とは視点が少し違います。日本語文法は、日本語を1つの外国語としてとらえていますから、生粋の日本人でも戸惑う場面が少なくありません。“(自動詞)ています”“(他動詞)てあります”なんて、一生気付かない日本人が99%以上でしょう。

ですから、今私がしている授業の名称は「日本語文法初級」ですが、初級の日本語学者向けの文法というよりは、日本語教師道初級の受講生向けというべきでしょう。普段何気なく読んだり聞いたりしている日本語を、今までとは異なる法則で見直す頭の訓練でもあるのです。特に文法シリーズの授業が始まったばかりのころは、頭の切り替えが中心になります。

ですから、受講生にとってこの時期の私の講義は驚きの連続のようです。だいぶ以前の方は、こんなややこしい文法を何も考えずに使いこなしている日本人は天才だなどと感想を漏らしていました。それがネイティブの強みだとも言えますが、文法を意識していないということは教えられないということも意味しています。

自分が毎日使っている言葉を事細かに分析することはほとんどないでしょう。でも、日本語教師が成長していくのに最も身近な教材は自分自身の日本語です。教材の取り扱い方を教えるのが私の講義の役割だと思っています。

安心できません

9月26日(木)

すみません、今日は調子が悪くて、学校に休んでいただきませんか。明日は頑張ります、安心しなさい。

これは、昨日この稿で取り上げたKさんから、今朝授業前に送られてきたメールです。学校を休むときには連絡せよと口が酸っぱくなるほど言っていますから、きちんと連絡してきた点は偉いです。しかし、どうです、この文面。文法も語彙もえらいことになっています。昨日の時点では救いの手を差し伸べようかなと思っていましたが、これを見たら進級させちゃいけないなと考えが変わりました。

そして、おそらく、“調子が悪い”はうそでしょう。うそと言ったら気の毒かもしれませんが、学校へ来ようと思ったら来られる程度の調子の悪さだろうと思います。昨日までにテスト範囲の授業や平常テストはすべて終わっているので、テスト前日はうちで一人で勉強した方が効率的だと考えているのでしょう。

Kさんは演劇部の公演のセリフを一気に覚えてしまうぐらいですから、もしかすると試験範囲の教科書や平常テストや宿題などを丸暗記することもできちゃうかもしれません。若者は、時に、私のような年寄りなど想像もつかないようなことをやってのけます。昨日で尻に火がついて、一夜漬けならぬ一昼夜漬けに挑んでいるのでしょうか。

首尾よくそれがうまくいき、めでたく進級したとしましょう。それで来学期、Kさんは幸せでしょうか。「学校に休んでいただきませんか」ですからね。教師に向かって「安心しなさい」ですからね。上がっても周りの学生に置いて行かれるのが関の山じゃないかなあ。

Kさん以外の学生たちは、授業でたっぷり復習をしました。H先生が、間違いやすいところをがっちり訓練してくださいました。

勝負はいつ?

9月19日(木)

Nさんは今学期から受験講座を始めて、11月のEJUを受けようと考えています。理系科目には少々自信があるようですが、まだ初級ですから、日本語でどれくらい点が取れるか心配しています。6月は230点ぐらいしか取れなかったので、かなりの上積みを狙っています。そううまく事が運ぶでしょうか。

KCPの学則上では、Nさんは2021年3月まで在籍できます。しかし、できれば来春進学したいと思っています。もちろん“いい大学”への進学を望んではいますが、それが無理っぽいところにNさんの悩みの根源があります。300点以上取れれば実現の目も出てきますが、そこまでの自信はないのです。

理科系の場合、若い頭脳で専門について深く考えることが重要ですから、1年でも早くというNさんの考えは間違っていません。無名の大学に進学することが心配なようですが、そこで必死に勉強すれば有名大学の大学院に進学することも可能です。でも、これには4年間必死に勉強すればという重い条件が伴いますから、これがNさんにとって頭痛の種でもあります。また、今の日本語力で大学の授業についていけるかという点にも不安を感じています。

じゃあ、2021年3月までKCPで勉強すればいいかというと、これから1年以上受験勉強を続けることにたえられるかという別の問題が持ち上がります。「その大学なら去年に入れたよね」という学生が、残念ながら、今までに多数発生しています。「初心忘るべからず」と言いますが、これが容易でないからこそ、格言となっているのです。

結局、Nさんはもう1年勉強を続けることにしました。進学するのは1年半後だけど、本当の勝負は来年6月のEJUなんだよと太いくぎを刺しておきました。いずれにしても、来学期は過去問で鍛えて理系科目の自信をつけさせていきます。

最終日

9月18日(水)

Rさんにとっての最後の授業の日は、文法テストで始まりました。いつもと同じように涼しい顔で問題に取り組み、制限時間いっぱいまで入念に答えを見直していました。ペアワークも淡々とこなし、指名されたら几帳面に答え、私が板書したことは一言も漏らすまいとノートに書き留め、始業日から変わらぬ様子で授業を受けていました。

授業の最後に、クラスメートに挨拶をしてもらいました。みんなに聞こえる声で、一言一句かみしめながら、今まで楽しく勉強できたお礼を述べていました。拍手が湧き上がり、Rさんは笑顔で教室を後にしました。

Rさんは今学期の新入生で、アメリカの名門C大学から来ました。学期の初めのころは表情も硬く、めったに言葉を発することもなく、緊張していることが教師側にもビンビン伝わってきました。クラスになじめるだろうかと心配もしました。しかし、3週間ぐらいたったころから日に日に表情が明るくなり、1か月が過ぎるころからは、授業中に積極的に発言するようになりました。やがて、授業中にどんどん疑問点を質問しだし、その質問もさすがC大学の学生という感じで的を射ており、クラスのみんなの信頼を勝ち得ていきました。

学生の冗談にも笑って反応したり、感心した時は大きくうなずいたり、表情も豊かになりました。例文にもその表情の豊かさが現れてきました。学期の最初は指定された文法項目などを盛り込むので精いっぱいだったのに、今ではウィットを利かせた文が作れるようになりました。本当に大きく成長したと思います。

明日からは教室にRさんがいません。なんだか信じられないような気がします。

点が取れない

9月17日(火)

選択授業・大学入試過去問の期末テストをしました。中間テストは難しくしすぎて学生も教師も悲惨な目に遭いましたから、期末テストは点の取りやすい問題を選びました。いや、少なくとも選んだつもりでした。

時間切れでできなかったなどということのないように、試験時間はたっぷり与えました。ですから、何名かは時間前に提出しました。でも、その時間前に出された答案を見てがっくり来ました。中級までに習っているはずの文法や語彙で間違えているのです。動詞の自他などという、初級レベルのひっかけ問題にものの見事に引っかかっている学生もいました。本格的な読解に進む前の、いわば前座みたいな問題で失点を積み重ねていたら、合格なんてはるか山の彼方じゃありませんか。

早々に出した学生たちがおっちょこちょいで、制限時間いっぱいまで粘った学生はそんなイージーミスはしないと思いたかったのですが、そちらの方も傾向は同じでした。漢字の書き問題がないから点が取れるかと思ったら、それほどでもありませんでした。特に出来が悪かったのは「肝心」で、大多数が「かんしん」でした。寒心に堪えません。

読解の答えを見ても、本文を読んで理解したことを日本語の文章で表現できていないのです。テストが終わった後の感想で、「いい問題でした」という声が上がりました。そうなのです。本文丸写しじゃ答えにならない、本当に内容を理解していないと点が取れない、実にいい問題なのです。そういう問題で答えが書ききれない、点が取れない自分たちの実力を思い知ってほしいものです。先週までの授業で、筆答式の問題をいい加減にやっていた学生が一様に苦労したようです。

もうすぐ入試の本番です。その時にはこんなことのないように願いたいところです。

ニュースで鍛える

9月12日(木)

木曜日の選択授業は、早くも期末テスト。開始が早かったことと、木曜日は1回もつぶれなかったことが相まって、学期末の2週間以上前に期末テストを迎えました。

私が担当したのは、中級の学生向けのドラマとニュースの聴解です。中間テスト以降はニュースの聴解をしてきましたから、聴解テストもニュースを聞いて答える問題でした。いきなり聞かせても目が点になるでしょうから、ディクテーションをして、ヒントを与えてから本番に臨みました。みんなこちらの想定通りに点を取ってくれました。

私が英語のリスニングに力を入れたのは、就職して間もないことでした。その会社で英語を使うセクションを望んだわけではありませんでしたが、英語ぐらいわからないとエンジニアとして恥ずかしいというくらいの気負いはあったかもしれません。

私が英語力をつけるためにとった手段は、NHKの7時のニュースを英語で聞くことでした。今から30年以上も昔のことですから、スマホもインターネットもありません。無料で毎日役に立つ英語が聞けるのは、NHKニュースぐらいしかなかったのです。音声多重放送のチューナー内蔵ビデオデッキを買い、毎晩7時のニュースを録画して英語音声で聞きました。効果があったかというと、政治経済関係の語彙は確実に増えました。画面を見ながら何回も繰り返し聞いたので、英語と日本語の対応がわりとたやすくついたのです。それから、英語の話し方のリズムも体得できましたね。でも、話す訓練ができませんでしたから、英語ペラペラには程遠いレベルでした。

EJUやJLPTの成績を見ると、KCPには聴解に難点のある学生が多いようです。ニュースを聞くことにより、語彙とともに日本語のリズムも身に付けてほしいと思っています。今は生のニュースよりずっと優れた教材があるでしょうが、世間知らずの学生にとっては、長い目で見ると、ニュースの方が得るものが多いように思います。

演習問題

9月7日(土)

①A教授(   )面談(   )を申し込みます。 ②結婚(   )申し込みます。 ③ツアー(   )申し込みます。

という問題だったら、助詞は何を入れますか。

①は、明らかに“に、を”ですね。②も、“を”で異存がないところでしょう。③は、いかがでしょうか。“を”ですか、それとも“に”ですか。

④B社(   )ツアー(   )申し込みます。

だったら、①と同様に、“に、を”という答えのほかに、“の、に”という答えも成り立ちます。しかし、①を“の、に”とすると、違和感があると思います。また、④は、“の、を”も、ニュアンスの違いはあるものの成り立ちます。しかし、①を“の、を”は、成り立つとしても、ニュアンスレベルの違いではすみません。

②’Cさん(   )結婚(   )申し込みます。 は、“に、を”以外はないでしょう。“の、に”は結婚相手公募みたいな感じがします。“の、を”は、意味不明です。

以上の考察をどうまとめたらいいかは、皆さんご自身でお考えください。特に、日本語教師を目指している方は、頭の訓練としてぜひ取り組んでいただきたいです。

なんでこんなことを考えたかというと、昨日担当したクラスで回収した宿題の問題の中に、“申し込みます”を使って短文を作れという問題があり、それをチェックしているうちにはたと悩んでしまったからです。教科書は、“北海道旅行はもう申し込みましたか。――いいえ、まだ申し込んでいません”と、万能の助詞“は”で巧みにかわしています。

学生たちは、JLPT、EJU、ビザ、仕事、結婚、休みなど、いろいろなものを申し込んでくれました。初級の問題ですが、実に深く考えさせられる問題でした。

ある電話

9月3日(火)

受験講座が終わって職員室で一息ついていると、S大学から電話がかかってきました。留学生を受け入れる態勢を整えたので、説明に来たいとのことでした。S大学なら志望校の1つになりそうな学生の顔がいくつか思い浮かびましたから、話を聞くことにしました。ところが、先方は明日の朝お邪魔したいと言います。でも、私は、水曜日はクラス授業と受験講座で、9時から5時まではほとんど時間がありません。

こうなると、普通は別の日にということになりますが、先方は「じゃあ、資料だけ置いていきますよ。明日の朝、そちらの方へ行く用事がありますから」と言います。それも、明るいというか軽いというか、とてもあっさりした口調で。要するに、何かのついでにこちらに寄って、言いたいことを伝えていこうという心づもりなのでしょう。

ビジネスの世界ですから、時間を有効に使おうという気持ちはわかりますし、ジグソーパズルのピースがぴったり合わなかったら違うものを当てはめようとすることもわかります。でも、あの口調で言われちゃったら、聞き手はいい気分はしませんよ。S大学は名門と言われている大学ですが、自分本位の考え方をしたがるのかなと思ってしまいます。こういう態勢で集めた留学生を果たして本当に大切にしてくれるのだろうかと疑いたくすらなります。

電話口では、「はい、わかりました。今後ともよろしくお願いいたします」と言いましたが、この担当者とはあんまりよろしくしたくないですね。こうして本音を隠してしまうところが、日本人のよくないところなのかもしれませんがね。